top of page

Yoshiko Hasegawa

長谷川芳子

ESG推進室

主任

2022年入社

ゼロからクリエイトするやりがい
2022年に中途で入社しました。入社の半年前に新設された部署で、現在3名体制で活動しています。ESG推進室は、当社のESG(環境、社会、ガバナンス)における、各種課題に対する取り組みの推進機能強化と情報開示を目的とした部署です。一般的にはあまりなじみがない仕事ですが、これまで経験しなかったような業務にチャレンジできたり、0から仕事をクリエイトできたりすることにやりがいを感じています。ボランティアなどの社会貢献活動のとりまとめから、適切な情報開示のための調査や資料作成、社内外コミュニケーションツールの制作など業務範囲は幅広いです。ときには行政との取り組みで、離島に出張へ行くことも!本来の事業活動とのバランスを踏まえてのジャッジや専門知識を求められることもあるため、大変なこともありますが、毎日が刺激的で楽しいです!!
多肉植物
多肉植物
「企業の社会的価値を高めたい」という想い
新卒で入社した企業では長く働いていたこともあり、いろいろな職種を経験をしました。
その中でも立ち上げから携わった広報職は思い入れも強く、情報発信と手法でステークホルダーとの繋がりが広がる魅力的な仕事だと思う一方で「より企業の社会的価値を高める貢献がしたい」という考えを漠然と持つようになりました。そんな時、出会ったのがFFJの新設部署「ESG推進室」の募集です。企業がこの分野の専門部署を持つという意思に魅力を感じました。また、この出会いから1年程前に、自宅の近所にできた、エニタイムの会員になっていたんです。これをきっかけに、フィットネスに夢中になっていたこともあり、この求人は運命じゃないかと思いましたね(笑)。FFJを社内外に認めらる環境・社会に配慮した「サステナブルな企業」にすることがミッションなんて、根っからのエニタイムファンの私にピッタリな仕事だと思っています!
プライベートの過ごし方
私はプライベートでもエニタイマー!!(笑)
小さな子どもが2人いるので、寝かしつけの後や習いごとの合間を見て、トレーニングをしています!ジムに通う以前はまったくの運動嫌いでした。しかし、なんてことないきっかけではじめてみたら、やれば数字で成果が見えるのが楽しくて。ワーキングマザーが運動を生活に盛り込めるのは24時間ジムならでは。「大変じゃないの?」と聞かれることもありますが、企業人や母としてではなく、素直に自分自身と向き合える時間はとてもリフレッシュできて、私にとって大切な時間です。運動が好きになったことで、子どもたちとの外遊びも楽しくなりました!一緒にラジオ体操や上り棒やウンテイをしてみたり。肩車でスクワットをすることもあります(笑)。最近は息子がはじめたスケボーがブームです!!
多肉植物
※内容・社員の職位は取材当時のものです
bottom of page